医療法人社団 神戸デンタルクリニック 院内画像01 医療法人社団 神戸デンタルクリニック 院内画像02 医療法人社団 神戸デンタルクリニック 院内画像03 医療法人社団 神戸デンタルクリニック 院内画像04 医療法人社団 神戸デンタルクリニック 院内画像05
おしらせ・ブログ タイトル
お子様の大切な歯 6歳臼歯について 2020.03.10更新

こんにちは、神戸デンタルクリニックです★

 

もうすぐ春休みですね♬

 

春休みにお子様の歯の生え変わりや歯並び相談に来られる方が毎年いらっしゃいます。

大切なお子様の一生ものの大切な歯。

今日は、大切な歯の一つ、6歳臼歯について更新します♪

 

6歳前後に乳歯の奥に最初に生えてくる永久歯を6歳臼歯と言います。

乳歯が抜け始め、この6歳臼歯が基準になって、順番に永久歯に代わっていきます。

 

ですので、この6歳臼歯がむし歯になると、他の永久歯の歯並びや噛み合わせにまで影響します。

 

それほど、6歳臼歯はとても大切な歯なのですが、厄介なのが、最もむし歯になりやすい歯でもあるのです・・。

 

そもそも、歯はすごく硬い完成した状態で生えてくるのではありません。生えたばかりの歯は、歯の表面がやわらかく酸に侵されやすく、むし歯になりやすいのです。

 

乳歯がむし歯になりやすいのはこの事からです。

さらに、むし歯になりやすい理由はこの歯の生え方にあります。

 

6歳臼歯は完全に生えるまでに約1年かかります。

 

その間は手前の乳歯より背が低く、ふつうのみがき方ではハブラシの毛先が届かず、

 

歯の噛み合わせの面にある溝が深く、汚れがつきやすいかたちになっていますので、むし歯になりやすいのです。

 

しかも乳歯の奥に生えてくるので、生えはじめは気づかないことも多く、歯磨きの管理も難しいです。

 

歯磨きが十分に行き届かないと、虫歯の原因になりますので、注意が必要です。

 

この6歳臼歯が生えてくる頃に、歯科医院でしっかりと検診を定期的に受けていれば、虫歯のリスクも大幅に下がります。

 

大切なお子様の大事な歯。

 

しっかり見守って健康な永久歯をプレゼントしてあげてください(^^)

 

 

 

 


マップ、アクセス等
Page Top